代行を依頼する魅力

代行を依頼楽に会社設立を設立したいときには、代行を依頼するのも1つの手です。会社設立を代わりに行ってくれる代行会社というのが存在しており、場合によっては自分で会社設立を行うよりも安く済む場合もあります。それには、ちょっとした仕組みがあるので知っておくと良いでしょう。基本的に、自分で会社を設立しようとすると定款の原本に収入印紙代として4万円がかかってしまいます。ですが、代行会社に依頼した場合収入印紙代がかからない仕組みになっているんです。その理由というのが、自分で作る場合基本的には紙で作ることが多いのですが、その定款を電子定款という形で提出するという理由からです

収入印紙代がかかってしまうのは、通常の場合は定款の原本が紙であるという理由からです。ですから、代行会社に依頼することで紙ではなく電子で定款をつくればその分定款の提出にかかる費用がなくなるという訳です。自分で電子定款を作るということもできると言えば出来るのですが、作るための道具などを購入したり手続きなどが多くあるため手間に加えて費用がかかってしまいます。そのため、自分で電子定款を作るよりも代行会社に依頼した方がスムーズに作ることができるというのは大きな魅力です。